はつせ航海日誌

2005-11-05

[]メール御礼

御礼が大変遅くなりましたが、メールにて感想をお送りいただきました、

誠にありがとうございました。

メールには個別にお返事をいたしておりませんが、感想メールは大事に保管させていただいております。


転載するのはまずいかと思いますので内容については触れませんが、松岡様から質問をいただいておりますので、この点だけお答えしたいと思います。

やはり東郷などの海軍関係者は航空戦力支持者になりますか?

『はつせの世界』では、技術史の前倒しは起こって(起こして)いきますが、航空機の性能が爆発的に向上するまでまだしばらくの時間があります。史実の「大艦巨砲主義」vs「航空主兵主義」の対立より前に、「戦艦派」vs「巡洋艦派」、「砲戦主義派」vs「水雷主義派」などの話を盛り込もうと思っています。

私自身は、1920年代1940年代の世界で、「航空主兵」が唯一の正解だったとは考えていません。もちろん、「大艦巨砲」一点張りが正しいとも思いませんけれど。

書き進んでいくうちに結論が変わる可能性もありますが、正面兵力だけでなく護衛戦力を含めた総合的なシステム運用の向上を図る話になるかと思います。

……というわけで、航空屋もいれば鉄砲屋も水雷屋もいる組織になりそうです。東郷元帥は、その人気や影響力を生かして海軍フィクサーになっていただこうと思います。


この辺の話題も含めて、掲示板『はつせ会議』でお話しいただけるようにいたしましたので、もしよろしければ足をお運び下さい。


[]本文にいただいたコメントのお返事です

ファン1号 『大変、面白く拝読させて頂きました。歴史改変は大変おもいテーマですが、興味深いテーマで関心があります。ただ、旧来の多くの作品が戦闘シーン等に多々のページを割かれていますが、勝つべくして勝つ基盤の整備の為に 技術革新・生産力向上・社会意識変化と葛藤 抵抗等のシーンも書き込んで頂ければ、もっと面白くなるのではないかと思います。今後ともに同作品を楽しみにしておりますので、作品の発表宜しく願います。』

http://hatsuse.g.hatena.ne.jp/chon/19050719

ファン1号様、誠にありがとうございます。ご意見参考にさせていただきます。

本作品は、どちらかというと「架空戦記」よりも「歴史改変」に重きを置いているかもしれません。戦闘シーンは俯瞰的というか、さらりと流すケースが多いかもしれませんね。

筆者の趣向から、戦争自体の経過や外交経済といった話にウェイトを置きがちになるので、むしろ戦闘シーンはちゃんとサービスを心がけないといけないかと思っております。

LolaLola2012/01/28 14:09Your story was really informative, tanhks!

cdohkbpbkcdohkbpbk2012/01/28 21:29iXXX3f <a href="http://dslrfljnrvts.com/">dslrfljnrvts</a>

npfhakjdysanpfhakjdysa2012/01/30 19:13p8DUMV , [url=http://fbyalfwpefrl.com/]fbyalfwpefrl[/url], [link=http://mtbmskesgnfm.com/]mtbmskesgnfm[/link], http://sqcsyrrbsnvv.com/

wnuvbqdwnuvbqd2012/01/31 01:15sh5y8e <a href="http://mljxcugnivdq.com/">mljxcugnivdq</a>

acyikpwgacyikpwg2012/02/01 03:282mdde7 , [url=http://mszolactlhjx.com/]mszolactlhjx[/url], [link=http://cnoeeokvhmwt.com/]cnoeeokvhmwt[/link], http://gmlgviqoeyjr.com/